Trivia of cake ケーキのトリビア

ハロウィン

ハロウィン

ハロウィンとは、11月1日にある万聖節の前夜祭のことです。悪霊を追い出し、秋の収穫を祝うのが目的です。日本でもイベントとして定着し、幼稚園や小学校、英会話教室などでパーティやイベントが行われています。




オレンジと黒がテーマカラーとされており、オレンジは収穫を、黒は長い夜や死を表す色です。また、オレンジ色の大きなカボチャを使ったランタンが欠かせませんが、これは精霊たちがこのランタンを目印にやってきて、悪霊たちは逃げて行くという言い伝えから来ています。

もともとは、数千年前にあった古代ケルト民族の祭り「Samhain」が起源とされています。古代ケルト民族では10月31日が1年の終わりとされており、その夜は死者の祭りとされていました。その後、古代ケルト人と古代ローマ人がブリテン島を征服し、両民族の祭りが組み合わさって今の形に近付いてきたのです。ハロウィンという名前は、万聖節の「All Hallow's」という言葉に、前日である「Eve」が組み合わさり「All Hallow's Eve」と呼ばれていたのが、短縮されて「Hallow E'en」、「Halloween」となりました。

ハロウィンでは子どもたちがお化けの仮装をして、「Trick or Treat?(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)」と言いながら近所の家を周ります。「Trick or Treat?」と言いながらお菓子をねだるのは、中世に農民が祭りの食料をもらって歩いたのがはじまりだということです。また、お化けの恰好をするのは、ハロウィンの日に魔物がこの世にやってくると言われているため。お化けの仮装をして人間ではないと思わせることで、魂を取られないという言い伝えがあるそうです。

また、子どもたちにお菓子を渡すのは、もともとは悪霊を追い払うという目的がありました。外にいる霊にお菓子を渡すと、家の中に入らずに元の世界に戻るという言い伝えがあり、この言い伝えからお菓子を子どもたちに渡すのが習慣化したということです。

このカテゴリの他のトリビア

ホワイトデー

ホワイトデー

ホワイトデーは、日本独自の習慣です。昭和50年代に女子から男子へチョコレートを贈るというバレンタインデーが一般的に定着してきたことを受けて、チョコレートのお返しをする習慣が生まれた…

ハロウィン

ハロウィン

ハロウィンとは、11月1日にある万聖節の前夜祭のことです。悪霊を追い出し、秋の収穫を祝うのが目的です。日本でもイベントとして定着し、幼稚園や小学校、英会話教室などでパーティやイベン…

バレンタインデー

バレンタインデー

バレンタインデーは毎年2月14日に行われている、愛の誓いの日です。セントバレンタインデー(St. Valentine's Day)ともよばれます。 起源は269年のローマ帝…

NEW 新着トリビア

コック帽はどうして長いの?

コック帽はどうして長いの?

シェフやパティシエというと、白くて高いコック帽をかぶっている姿をイメージされる方が多いことでしょう。 もともとは、フランスの料理人アントン・カレームが、シルクハットの山高帽を気に入…

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエ(菓子職人)というと、男性の職業というイメージがありますが、近年では女性のパティシエも多く就業しています。 年収ラボ(http://nensyu-labo.com/syo…

日本への洋菓子伝来はいつ?

日本への洋菓子伝来はいつ?

洋菓子は16世紀に日本へ伝わったといわれていますが、その当時は「洋菓子」という言葉はまだなく、「南蛮菓子」と呼ばれていました。 「甫菴太閤記」よると、キリスト教を布教するために日本…