Trivia of cake ケーキのトリビア

エアレイション

エアレイション

エアレイションは、空気にさらす、空気を含ませるという意味です。「エアレーション」ともいわれます。





「水槽などに入っている水に空気を溶かしこむこと」、「汚水処理の際に水に空気を吹き込むこと」、「芝立地に小さく穴を開けて通気を良くすること」、「ゴルフにおいてグリーンが硬くなるのを防ぐために行うメンテナンス」など、いろいろな事柄を指す単語です。

お菓子作り、調理においてのエアレイションは、本来の語意通り、「空気を含ませる」という意味です。卵やバターなどに空気を含ませてふわふわになるまで攪拌したり、粉をふるって空気を含ませたりすることを指しています。また、発酵させて生地を膨らませることについてもエアレイションと呼ばれることがあるようです。エアレイションを行うことで、液体と混ぜる際にダマになりにくくなるという効果があります。

パウンドケーキなど、ふわふわの仕上がりにしたいケーキを作る場合によく行います。粉の場合、できるだけ丁寧にふるうようにすると、エアレイションの効果も高まるようです。

このカテゴリの他のトリビア

ブリュレ bruler (フランス語)

ブリュレ bruler (フランス語)

ブリュレとはバーナーやグリルで砂糖を焦がすことです。「焦がす」「燃やす」という意味のフランス語で、英語の”burn”に相当します。 同様の言葉として「カラメ…

フランベ flamber (フランス語)

フランベ flamber (フランス語)

フランベは、肉料理や魚料理にリキュールやワインなどの酒をかけて火をつけ、一気にアルコール分をとばす調理法です。フランス語で「火をつける」「燃やす」という意味を持ちます。 フランベの…

サブレ sable (フランス語)

サブレ sable (フランス語)

薄力粉、グラニュー糖、バター、卵を練って焼いた焼き菓子のことです。サクサクとした食感とバターの風味が特徴で、日本でも人気があります。 フランス、ノルマンディー地方の都市サブレ=シュ…

NEW 新着トリビア

コック帽はどうして長いの?

コック帽はどうして長いの?

シェフやパティシエというと、白くて高いコック帽をかぶっている姿をイメージされる方が多いことでしょう。 もともとは、フランスの料理人アントン・カレームが、シルクハットの山高帽を気に入…

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエ(菓子職人)というと、男性の職業というイメージがありますが、近年では女性のパティシエも多く就業しています。 年収ラボ(http://nensyu-labo.com/syo…

日本への洋菓子伝来はいつ?

日本への洋菓子伝来はいつ?

洋菓子は16世紀に日本へ伝わったといわれていますが、その当時は「洋菓子」という言葉はまだなく、「南蛮菓子」と呼ばれていました。 「甫菴太閤記」よると、キリスト教を布教するために日本…