Trivia of cake ケーキのトリビア

フランベ flamber (フランス語)

フランベ flamber (フランス語)

フランベは、肉料理や魚料理にリキュールやワインなどの酒をかけて火をつけ、一気にアルコール分をとばす調理法です。フランス語で「火をつける」「燃やす」という意味を持ちます。




フランベの効果は、臭みを取ったりコクや香りをつけたりすることです。お菓子作りでは、ソースやフルーツ、デザートなどに香りをつけるために行われます。

電子調理器のような、炎を用いない調理器具ではフランベを行うことができません。フランベをする場合はガスコンロなどを利用しましょう。もしも電子調理器しかない場合は、ライターなどで火をつけることでも代用できます。

テレビ番組などでは、パフォーマンスやショー的要素、調理作業の見栄えのためにフランベを行う場合があります。この場合は、かなり強い度数の酒を用いて強い火力で行っており、家庭で真似をすると火災報知器が反応することもありますので、注意が必要です。

和食でも、「煮切り」という鍋に火を入れる調理法がありますが、こちらは料理中のみりんや酒のアルコールを排除するために行うもので、フランベとは目的が異なります。

このカテゴリの他のトリビア

ブリュレ bruler (フランス語)

ブリュレ bruler (フランス語)

ブリュレとはバーナーやグリルで砂糖を焦がすことです。「焦がす」「燃やす」という意味のフランス語で、英語の”burn”に相当します。 同様の言葉として「カラメ…

フランベ flamber (フランス語)

フランベ flamber (フランス語)

フランベは、肉料理や魚料理にリキュールやワインなどの酒をかけて火をつけ、一気にアルコール分をとばす調理法です。フランス語で「火をつける」「燃やす」という意味を持ちます。 フランベの…

サブレ sable (フランス語)

サブレ sable (フランス語)

薄力粉、グラニュー糖、バター、卵を練って焼いた焼き菓子のことです。サクサクとした食感とバターの風味が特徴で、日本でも人気があります。 フランス、ノルマンディー地方の都市サブレ=シュ…

NEW 新着トリビア

コック帽はどうして長いの?

コック帽はどうして長いの?

シェフやパティシエというと、白くて高いコック帽をかぶっている姿をイメージされる方が多いことでしょう。 もともとは、フランスの料理人アントン・カレームが、シルクハットの山高帽を気に入…

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエ(菓子職人)というと、男性の職業というイメージがありますが、近年では女性のパティシエも多く就業しています。 年収ラボ(http://nensyu-labo.com/syo…

日本への洋菓子伝来はいつ?

日本への洋菓子伝来はいつ?

洋菓子は16世紀に日本へ伝わったといわれていますが、その当時は「洋菓子」という言葉はまだなく、「南蛮菓子」と呼ばれていました。 「甫菴太閤記」よると、キリスト教を布教するために日本…