Trivia of cake ケーキのトリビア

チーズ

チーズ

チーズは、牛や羊などの乳に酵素を加え、発酵や凝固をさせることによって作られます。ケーキ作りに適しているのは、柔らかく塩分の少ない、フレッシュチーズと呼ばれる種類です。クリームチーズやカッテージチーズなどがこれにあたります。



チーズケーキは、使用するチーズによって味や風味が変わります。クリームチーズは柔らかな酸味と滑らかさ、カッテージチーズは淡白な味わいとさわやかな風味が特徴です。

好みによっては、マスカルポーネやリコッタといったフレッシュチーズが使われる場合もあります。こってりマイルドなマスカルポーネのチーズケーキは、しっとりもちっとした食感です。豆腐のよう  にさっぱりしたリコッタを使用すると、ふわりとした軽い口ざわりになります。

また、複数種のチーズを混ぜ合わせると、ひときわ味わいの深いケーキが出来上がります。


場合によっては、フレッシュチーズ(主にクリームチーズ)と合わせて、固めのチーズが使われることもあります。やや固い、セミハードに分類されるブルーチーズは、そのうちの一つです。これを使用すると、しょっぱさのある、チーズの香り豊かなケーキに仕上がります。

また、フレッシュチーズではありませんが、簡単に手に入るプロセスチーズでも、美味しいチーズケーキを作ることができます。


チーズケーキには、レア、ベイクド、スフレなど幾つかの種類がありますが、いずれの場合も、滑らかにされたチーズとほかの素材を混ぜ合わせたものが、ケーキ生地の元になります。

このカテゴリの他のトリビア

チーズ

チーズ

チーズは、牛や羊などの乳に酵素を加え、発酵や凝固をさせることによって作られます。ケーキ作りに適しているのは、柔らかく塩分の少ない、フレッシュチーズと呼ばれる種類です。クリームチーズ…

抹茶

抹茶

抹茶は飲むだけでなく、その味を生かして料理やお菓子にも使われます。 よく混同されますが、抹茶は粉末緑茶ではありません。抹茶はてん茶を粉末にしたもので、粉末緑茶は煎茶を粉末にしたもの…

シナモン

シナモン

シナモンとは、別名「ニッキ(肉桂)」ともよばれるスパイスの一種です。ただし、厳密にいうとシナモンとニッキは香辛料としては別の種類になります。両方とも同じクスノキ科の樹木を原料として…

NEW 新着トリビア

コック帽はどうして長いの?

コック帽はどうして長いの?

シェフやパティシエというと、白くて高いコック帽をかぶっている姿をイメージされる方が多いことでしょう。 もともとは、フランスの料理人アントン・カレームが、シルクハットの山高帽を気に入…

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエ(菓子職人)というと、男性の職業というイメージがありますが、近年では女性のパティシエも多く就業しています。 年収ラボ(http://nensyu-labo.com/syo…

日本への洋菓子伝来はいつ?

日本への洋菓子伝来はいつ?

洋菓子は16世紀に日本へ伝わったといわれていますが、その当時は「洋菓子」という言葉はまだなく、「南蛮菓子」と呼ばれていました。 「甫菴太閤記」よると、キリスト教を布教するために日本…