Trivia of cake ケーキのトリビア

ブッシュ・ド・ノエル

ブッシュ・ド・ノエル

ブッシュ・ド・ノエルとは、19世紀後半にパリで作られるようになったクリスマスケーキのこと。ブッシュは「薪、丸太」、ノエルは「クリスマス」の意味で、「クリスマスの薪」をイメージしたケーキです。




ロールケーキを輪切りにせず表面をココアクリームで覆い、枝となるチョコレート、雪となるホイップクリームや粉砂糖でデコレーションしたものが基本の形として親しまれています。ブッシュ・ド・ノエルの表面はフォークで波型の筋を付けて樹皮をかたどったものが多く、見た目もリアルです。

この薪の形になった理由には諸説あり、「樫の薪を暖炉に燃やすと無病息災で暮らせるという神話が由来している説」、「キリストの誕生を祝った時に暖炉で夜通し薪を燃やしたことが由来している説」、「恋人へのプレゼントとして薪を送った貧しい青年の話が由来している説」、「クリスマスに燃やした薪の灰が厄除けになるという説」など、さまざまです。

初心者でも失敗が少なく、デコレーションも簡単で、家庭でも作りやすいケーキです。


■作り方

ログ型1台分


【材料】

●ロールケーキ生地

卵 3個

グラニュー糖 50g

薄力粉 45g

カカオパウダー 5g


●チョコレートクリーム

チョコレート 100g

生クリーム 200cc

いちご 1パック


【スポンジの焼き方】

1. 下準備

・薄力粉とカカオパウダーを合わせてふるいにかけます

・30cm*30cmや27cm*27cmの天板にオーブンペーパーを敷きます

・オーブンを、焼く工程に入る際に220度になるように予熱します

2. 卵を泡立てる

ボウルに入れた卵を約40℃の湯煎にかけ、グラニュー糖を加えつつハンドミキサーの高速で泡立てます。生地がもったりするまでよく泡立てましょう。爪楊枝が立つくらいに泡立てたら、ハンドミキサーの低速または泡立て器で、大きな気泡が消えて泡がきめ細かくなるまで泡立てます。

3. 薄力粉・カカオパウダーを加えて混ぜ合わせる

あらかじめふるっておいた薄力粉・カカオパウダーを数回に分けて加えます。泡を潰さないよう、ボウルを回転させつつ、ヘラなどで生地を底からすくって上にかぶせるようにして混ぜ合わせます。

4. 生地を型に入れて焼く

生地を型に流し入れ、予熱しておいた220度のオーブンで8分程度焼きます。焼き過ぎに注意しましょう。

5. 焼き上がった生地を冷ます

生地の表面を指で押した際に弾力を感じるくらいが焼き上がりの目安です。焼き上がったら、型から出して粗熱を取りましょう。オーブンペーパーはスポンジ生地が完全に冷めてからはがしましょう。


【チョコレートクリームの作り方】

チョコレートと、分量4分の1の生クリームを、電子レンジにかけて溶かします。600wの電子レンジで1分くらいが目安です。溶けたらよく混ぜて、粗熱が取れるまで冷蔵庫で冷やしましょう。

残った分量半分の生クリームを泡だて、粗熱が取れたチョコレートと合わせて混ぜます。全体が混ざったところで残りの生クリームを加え、さらに混ぜ合わせます。


【仕上げの仕方】

ロールケーキの生地にチョコレートクリームを塗り広げ、いちごを並べます。一気に巻き込んだらさらに全体にチョコレートクリームを表面に塗ります。フォークで筋を付け、お好みでカカオパウダー、粉糖をかけて完成です。チョコレートやいちごを飾ってもよいでしょう。

このカテゴリの他のトリビア

マドレーヌ

マドレーヌ

マドレーヌは、バター、小麦粉、卵、ベーキングパウダー、ブランデーなどを混ぜ合わせ、オーブンで焼き上げた菓子のことです。 マドレーヌは貝殻の形をしています。日本では、丸型のものをマド…

ゼリー (ジュレ)

ゼリー (ジュレ)

ゼリーとは、動物性のゼラチンや植物性のペクチン、寒天を利用して固めたお菓子や料理のことをいいます。英語では「ゼリー(jelly)」、フランス語では「ジュレ(gelée…

シュークリーム

シュークリーム

シュークリームは、小麦粉やバター、卵などを混ぜた生地を、中が空洞になるように焼き、生クリームやカスタードクリームを詰めたお菓子です。日本でもとても人気があり、専門店も多くあります。…

NEW 新着トリビア

コック帽はどうして長いの?

コック帽はどうして長いの?

シェフやパティシエというと、白くて高いコック帽をかぶっている姿をイメージされる方が多いことでしょう。 もともとは、フランスの料理人アントン・カレームが、シルクハットの山高帽を気に入…

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエ(菓子職人)というと、男性の職業というイメージがありますが、近年では女性のパティシエも多く就業しています。 年収ラボ(http://nensyu-labo.com/syo…

日本への洋菓子伝来はいつ?

日本への洋菓子伝来はいつ?

洋菓子は16世紀に日本へ伝わったといわれていますが、その当時は「洋菓子」という言葉はまだなく、「南蛮菓子」と呼ばれていました。 「甫菴太閤記」よると、キリスト教を布教するために日本…