Trivia of cake ケーキのトリビア

シュークリーム

シュークリーム

シュークリームは、小麦粉やバター、卵などを混ぜた生地を、中が空洞になるように焼き、生クリームやカスタードクリームを詰めたお菓子です。日本でもとても人気があり、専門店も多くあります。




「シュー・ア・ラ・クレーム(chou à la crème)」というフランス語が語源で、「シュー」は「キャベツ」の意味を指します。焼き上がりの形がキャベツに似ていることから、この名前がついたといわれています。また、英語では「クリームパフ(cream puff)」と呼ばれています。16世紀、フランス王妃カトリーヌ・ド・メディチのお抱えパティシエであったボブランよって考案されました。余った生地を捨てず焼いているうちに、このお菓子ができたのが始まりとされているそうです。

シュークリームは、焼き上がった皮を切ってクリームを詰めますが、側面に穴をあける場合もあります。また、シュークリームにチョコレートをかけたものは「エクレール(éclair)」、日本ではエクレアと呼ばれ、シュークリームとともに大きな人気を誇っています。


■作り方

12個分


【材料】

●シュー生地

薄力粉 大さじ1

コーンスターチ 大さじ1

グラニュー糖 大さじ4


●仕上げ

生クリーム 100cc

牛乳 100cc

卵黄 2個

バター 大さじ1

バニラエッセンス 適量

サラダ油 70g

水 130cc

塩 適量

薄力粉 70cc

全卵 3個

生クリーム 100cc

グラニュー糖 大さじ1

粉砂糖 適量


【シュー生地の作り方】

サラダ油、水、塩を鍋に入れ、火にかけます。沸騰したら薄力粉を加え、火からおろしてとき卵を加えます。

絞り袋に入れてオーブンの天板に12個分を絞り、180度で40分焼きます。


【カスタードクリームの作り方】

薄力粉とコーンスターチ、グラニュー糖を混ぜ、牛乳少々と卵黄を加えます。均等に混ざってきたら、さらに残りの牛乳と生クリームを入れて混ぜてください。

500wのレンジで2分程度加熱してから、泡立て機で混ぜ合わせます。ダマにならないよう混ぜ合わせて、再び90秒レンジで加熱します。

最後にバターとバニラエッセンスを加えましょう。


【仕上げの仕方】

シュー皮の上部を少し切って、カスタードクリームを詰めます。飾りで粉砂糖を振るとよいでしょう。

このカテゴリの他のトリビア

マドレーヌ

マドレーヌ

マドレーヌは、バター、小麦粉、卵、ベーキングパウダー、ブランデーなどを混ぜ合わせ、オーブンで焼き上げた菓子のことです。 マドレーヌは貝殻の形をしています。日本では、丸型のものをマド…

ゼリー (ジュレ)

ゼリー (ジュレ)

ゼリーとは、動物性のゼラチンや植物性のペクチン、寒天を利用して固めたお菓子や料理のことをいいます。英語では「ゼリー(jelly)」、フランス語では「ジュレ(gelée…

シュークリーム

シュークリーム

シュークリームは、小麦粉やバター、卵などを混ぜた生地を、中が空洞になるように焼き、生クリームやカスタードクリームを詰めたお菓子です。日本でもとても人気があり、専門店も多くあります。…

NEW 新着トリビア

コック帽はどうして長いの?

コック帽はどうして長いの?

シェフやパティシエというと、白くて高いコック帽をかぶっている姿をイメージされる方が多いことでしょう。 もともとは、フランスの料理人アントン・カレームが、シルクハットの山高帽を気に入…

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエ(菓子職人)というと、男性の職業というイメージがありますが、近年では女性のパティシエも多く就業しています。 年収ラボ(http://nensyu-labo.com/syo…

日本への洋菓子伝来はいつ?

日本への洋菓子伝来はいつ?

洋菓子は16世紀に日本へ伝わったといわれていますが、その当時は「洋菓子」という言葉はまだなく、「南蛮菓子」と呼ばれていました。 「甫菴太閤記」よると、キリスト教を布教するために日本…