Trivia of cake ケーキのトリビア

パティスリー patisserie (フランス語)

パティスリー patisserie (フランス語)

パティスリーとは菓子職人を意味する「pastitz」という古いフランス語から派生した言葉で、「粉類の生地をオーブンで焼いて作る菓子」の意味と、「その菓子を製造販売する場所」を指す2つの意味があります。英語では「ペストリー(peastry)」とよばれています。



1. 菓子

パティスリーは、小麦粉を主材料としてオーブンで焼き上げた菓子を指し、一般的には生地のあるケーキ類を意味します。かつてはパティスリーのことを「練り粉菓子」と日本語訳することもありましたが、現在ではほとんど使用されません。また、現在では菓子全般を指す言葉として使用されることもあります。

2. 菓子製造販売所(菓子店)

パティスリーとは菓子屋という意味を指す場合もありますが、通常イメージするケーキ屋よりもより広く商品を扱っている場合が多いです。ケーキ屋、パン屋、惣菜屋、アイスクリーム屋、砂糖菓子屋など、多くの分野の商品を扱っていることもあります。

このカテゴリの他のトリビア

ブリュレ bruler (フランス語)

ブリュレ bruler (フランス語)

ブリュレとはバーナーやグリルで砂糖を焦がすことです。「焦がす」「燃やす」という意味のフランス語で、英語の”burn”に相当します。 同様の言葉として「カラメ…

フランベ flamber (フランス語)

フランベ flamber (フランス語)

フランベは、肉料理や魚料理にリキュールやワインなどの酒をかけて火をつけ、一気にアルコール分をとばす調理法です。フランス語で「火をつける」「燃やす」という意味を持ちます。 フランベの…

サブレ sable (フランス語)

サブレ sable (フランス語)

薄力粉、グラニュー糖、バター、卵を練って焼いた焼き菓子のことです。サクサクとした食感とバターの風味が特徴で、日本でも人気があります。 フランス、ノルマンディー地方の都市サブレ=シュ…

NEW 新着トリビア

コック帽はどうして長いの?

コック帽はどうして長いの?

シェフやパティシエというと、白くて高いコック帽をかぶっている姿をイメージされる方が多いことでしょう。 もともとは、フランスの料理人アントン・カレームが、シルクハットの山高帽を気に入…

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエ(菓子職人)というと、男性の職業というイメージがありますが、近年では女性のパティシエも多く就業しています。 年収ラボ(http://nensyu-labo.com/syo…

日本への洋菓子伝来はいつ?

日本への洋菓子伝来はいつ?

洋菓子は16世紀に日本へ伝わったといわれていますが、その当時は「洋菓子」という言葉はまだなく、「南蛮菓子」と呼ばれていました。 「甫菴太閤記」よると、キリスト教を布教するために日本…