Trivia of cake ケーキのトリビア

ブリオシュ brioche (フランス語)

ブリオシュ brioche (フランス語)

ブリオシュ(仏:brioche)はフランスの菓子パンのことです。「ブリオッシュ」「ブリオーシュ」とよばれることもあります。ブリオシュとよばれるようになった由来は、古語で「砕く」ということを意味する「ブリ」と、「ゆすぶる」ということを意味する「オシェ」が組み合わされた言葉である説や、地名のブリーに由来している説など諸説あります。


バターや卵、砂糖を普通のパンよりも多く使用し、時間をかけて生地を発酵させるため、お菓子のような口当たりになります。フランスでは、朝食によく食べられています。

四角形や円筒形、王冠型など色々な形をしていますが、代表的なものは大小の丸い生地がつながっただるまのような形のものです。このだるま型のブリオシュは「ブリオシュ・ア・テート(頭付きブリオシュ)」とよばれています。

また、パンのようにそのまま食べるだけでなく、中をくり抜いたところにフルーツを入れてデザートに、料理を詰めてオードブルにと、さまざまな料理に利用されます。

このカテゴリの他のトリビア

ブリュレ bruler (フランス語)

ブリュレ bruler (フランス語)

ブリュレとはバーナーやグリルで砂糖を焦がすことです。「焦がす」「燃やす」という意味のフランス語で、英語の”burn”に相当します。 同様の言葉として「カラメ…

フランベ flamber (フランス語)

フランベ flamber (フランス語)

フランベは、肉料理や魚料理にリキュールやワインなどの酒をかけて火をつけ、一気にアルコール分をとばす調理法です。フランス語で「火をつける」「燃やす」という意味を持ちます。 フランベの…

サブレ sable (フランス語)

サブレ sable (フランス語)

薄力粉、グラニュー糖、バター、卵を練って焼いた焼き菓子のことです。サクサクとした食感とバターの風味が特徴で、日本でも人気があります。 フランス、ノルマンディー地方の都市サブレ=シュ…

NEW 新着トリビア

コック帽はどうして長いの?

コック帽はどうして長いの?

シェフやパティシエというと、白くて高いコック帽をかぶっている姿をイメージされる方が多いことでしょう。 もともとは、フランスの料理人アントン・カレームが、シルクハットの山高帽を気に入…

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエの男女比ってどれくらい?

パティシエ(菓子職人)というと、男性の職業というイメージがありますが、近年では女性のパティシエも多く就業しています。 年収ラボ(http://nensyu-labo.com/syo…

日本への洋菓子伝来はいつ?

日本への洋菓子伝来はいつ?

洋菓子は16世紀に日本へ伝わったといわれていますが、その当時は「洋菓子」という言葉はまだなく、「南蛮菓子」と呼ばれていました。 「甫菴太閤記」よると、キリスト教を布教するために日本…